会社を辞めて英語留学!!

34歳、一部上場企業を辞めて、セブ島留学に行くことにした☆

ボホール島に行ってきた☆フェリーの中は極寒なので防寒対策必須!!

セブからフェリーで2時間のボホール島に行ってきた。

 

 

ボホール島はチョコレートヒルが有名な島。

 

セブからボホール島までのフェリーは1日何本も出ているので、便利!

フェリーのチケットは、あらかじめ旅行会社で予約したほうがベター。

 

 

片道一人500ペソ、ビジネスクラスは一人1,000ペソ。

普通の席とビジネスクラスの差は一人一人の席が広いだけとのこと。

  

 

セブからボホール島のフェリーはピア1から出ていて、

ピア1はサンペドロ要塞のすぐ近く。

サミットサークルホテルからなら、タクシーで100ペソかからずに行けるよ。

 

 

朝5時ころにホテルを出たから、

タクシー捕まえられるか不安だったけど、朝でも結構走っていてすぐ乗れた☆

 

 

港は空港の様な感じで、

簡単な荷物検査→チェックイン→乗船。

チェックインは荷物検査後のフェリー会社のデスクで。

f:id:dubian23:20180303053049j:plain

 

売店でカップラーメン、とうもろこし、肉まん、水など売っているので、

港で朝ごはんを買うこともできる。

水を買ったけど20ペソで別に高くもなかったし。

 

船は結構大きくて綺麗。

f:id:dubian23:20180303054015j:plain

 

普通の席とビジネスクラスで倍も値段が違うので迷ったけど、

混雑しているところで荷物気にするのも大変だし、と思ってビジネスクラスにした。

f:id:dubian23:20180303054215j:plain

 

椅子はゆったりめで、前の方に大きなモニターがあって終始映画が上映されていた。

 

 

ゆったり座れてよかったけど、

 

フェリーの中が寒すぎ(-_-)

 

私はジーパンに秋冬用のパーカーを着て、

さらにストールをかけて帽子もかぶっていたけど、寒すぎて震えてた(-_-)

 

 

慣れている人は、

毛布やウインドブレーカーを着ている人もいた( ゚Д゚)

 

 

あまりの寒さに、

着替え用の半そでと短パンも上にかけてたけど、

なんの足しにもならず。。

 

 

もし船内で毛布販売してたら、買ってたね。

 

 

セブからボホール島は2時間かかるので、もう最悪。。

ボホール島に着いた頃には、若干の体調不良。。

 

 

ツアーの手配はボホールについてからでも大丈夫

事前にツアーは予約していなく、

ガイドブックに載っていたインフォメーションセンターで予約しようと思っていたけど、

そこが港から意外と遠かったので、港を出てすぐにたくさんの勧誘にあったので、

そのうちの一人の運転手さんと交渉。

 

 

運転手さんは料金表を持っていたので、それを見て行先と値段を決めた。

 

 

私は、

バギー、チョコレートヒル、ターシャ、リバークルーズに行きたい。

で、17時には港に戻りたいって伝えたら、

2,500ペソでOKと言われたので、それでお願いした。

f:id:dubian23:20180303121852j:plain

 

バギーは1時間900ペソ。

f:id:dubian23:20180303103007j:plain

 

グループごとにガイドさんが先導してくれて、

バギーで何か所かチョコレートヒルを見て回った。

f:id:dubian23:20180303101242j:plain

 

バギーの後は展望台へ。

 

展望台に行って眺めたチョコレートヒルは、ぽこぽこしていて良い眺めだった。

f:id:dubian23:20180303104518j:plain

 

久しぶりに綺麗な空気を吸った気がするー( `ー´)ノ

 

 

 その後ターシャ(小さいメガネザル)を見て、

f:id:dubian23:20180303114606j:plain

 

 

ジップライン。

 

ジップラインはする予定じゃなかったけど、運転手さんがすすめてくれて、

時間もあまりそうだったからやってみた。

 

 

その後、リバークルーズ+ランチブッフェあわせて500ペソ。

f:id:dubian23:20180303140833j:plain

 

ビュッフェは、

お肉、おさかな、野菜、果物とたくさん種類があって良かった。

飲み物は別料金で、ビール小瓶が100ペソで、ちょっと高かったかな。

f:id:dubian23:20180303134026j:plain

 

リバークルーズをやっている会社がいくつかあるようで、

私が乗った会社のクルーズは目的地が民族(?)がいる村。

f:id:dubian23:20180303143646j:plain

 

日本にいる頃に、

こんな時間に地球征服するなんてっていうテレビを観ていたけど、

友寄Dさんが言っていた商業民族を思い出させるようなところだった。

 

 

上陸した途端、

たくさんの人が来てくれて、頭に手作りの冠のようなもの、手には槍を持たせてくれて、

 

 

近くでおじさんが火を噴き、写真撮れと言ってくる。

 

 

写真撮ったら、チップをせがまれ、

 

 

チップを渡した途端に、

冠と槍は強引に取られ、みんなそそくさとどこかに行ってしまった( ゚Д゚)

 

 

昔だったらひいてたかもしれないけど、

こんな時間に世界征服するなんてを観ていたから、

あからさまなのが、とても面白かった☆

 

 

島にいた時間は5分くらいで、船に戻れと言われ戻ったら、

食べかけの食器は全部下げられていて、

ビッフェのご飯は残っているのに、もう食べるなって感じだった(-_-)

 

 

クルーズしている間、終始歌っている人がいたけど、

クルーズ終盤でスタッフの人が各テーブルを回って、

歌っている人にチップをお願いしますと言われ、20ペソだけ渡した。

 

 

 

朝8時ころにボホール島について、リバークルーズが終わったのが15時。

 

 

フェリーの時間までまだまだだったけど、

フェリー会社のデスクで時間を変更できるとのことだったので、

港に戻って早い時間に変えてもらった。

 

 

日が出ているうちだったら、

フェリーの寒さも少しはマシかと思ったので、明るいうちに帰りたかった。

 

 

明るい時間だったからか分からないけど、

帰りはパーカー+ジーパン+ストールかけてちょうど良いくらいだった。

 

 

ボホール島の主要なところだけだったら一日で回れるから、

セブに何日か滞在する人は行ってみても良いかも。

 

 

ただ、防寒着だけは忘れないようにして。