会社を辞めて英語留学!!

35歳、一部上場企業を辞めて、セブ島留学からトロント留学へ

会社をうまく辞めるには、相談じゃなくて報告を

会社を辞めるのには、すごい労力がいる。

手続き関連も大変だけど、家族、上司、友人の説得が大変。。

 

 

正社員で収入も良し、

今後も安定と思われていた会社、

そして30半ば。。

 

 

辞めるという話をしたら、ほとんどの人に反対された。

www.dubiansi.tokyo

 

 

会社を辞める決心をしてから皆には話をしたのにもかかわらず、

みんなの言っていることの方が正しいように聞こえ、

しかもみんなが私の為を思って言ってくれているので、決めたはずの決心もちょっと揺らぐ。。 

みんないろいろ心配してくれる

 

みんなによく聞かれたのがこの質問↓

  • 貯金はあるのか?
  • 留学後はどうするのか?
  • 英語できても仕事に就けない人はたくさんいるよ
  • 良い会社を辞めるなんてもったいない

 

貯金はあるのか?

貯金はそんなにないけど、

「あります!心配しないでください。」って答えてた。

 

 

ここでありませんって言うと反対派の意見が強くなるので、お金の心配はないよ!って言い続けた。

 

 

実際めちゃくちゃ貯金があったらアメリカに行ってるし、

リーズナブルなセブ島を選んでる時点で、その辺はみんな気づいているかもしれないけど(*´▽`*)

留学後はどうするのか?

「英語を使ってバリバリ働く!」って言った。

 

 

正直決まってないし、

仮に仕事で英語を使わなくても良いと思っている。

使う必要があるときに使えさえすれば。

 

 

チャンスの女神に後ろ髪はないそうなので、

英語が出来ないことでビックチャンスを逃すことが無いようにする。

 

英語できても仕事に就けない人はたくさんいるよ

そりゃそうだよ。

語学はツールだから、英語できたからって仕事できるようにはならない。

 

 

でも、

「就職先が日本限定じゃななくなるから、チャンスが広がる!」

って言ってた。

(↑いい加減)

 

 

英語を使う仕事につながるかどうかはあんまり重要視していなくて、

グローバル化がこれだけ進んでいる今、英語の情報をキャッチできていないことがとても悔しいっていうのが大きい。

 

 

世界の情報は英語で発信されていて、

それが日本語に訳されるのを待っていたら、その時点で世界からだいぶ遅れをとってるよね(>_<)

 

 

もちろん、外国人と直接話ができないのも残念だし。

 

良い会社を辞めるのはもったいない

これが一番厄介。。

 

会社外の人からこれを言われたときは、そんなに良くはないんだよーとか言えば良かった。

 

 

でも、会社内の人にこれを言われたときには、

そうですねーって苦笑いするしかなかったかな。

 

 

その会社を辞めることが本当にもったいないかは辞めてみないとわからないし、

ずっとその会社にいたら良い会社かどうかも分からないし、、、

 

 

と言おうと思ったけど、

みんなまだその会社で働いているし、善意で言ってくれているので言えず。

 

 

「もったいないか確認してきます!」

 

 

と伝え、

あ、この人はバカなんだって思ってもらうことにした( `ー´)ノ

みんな善意で言ってくれてるので相談じゃなく報告を!

会社を辞めるのを止める人たちは、みんな善意のかたまり(の場合が多い)。

 

 

上司や同僚は、目先の仕事が忙しくなる、とか理由があるかもしれないけど、

それでもたいていは本人のことを思って止めてくれる気がする(ブラック企業でない限り)。

 

 

 

もし辞めること決めてからではなく、辞めるかどうかを相談して、

ほとんどの人が善意で会社を辞めるのを止めてきたら、

もしかしたら私は辞めるのをやめていたかもね。

 

 

みんなの言い分が正しいかどうかは別として、

自分の大切な人たちが善意で止めてくれるのを無下にすることが難しい。

 

 

でも、私の場合辞めるのを決めてから、相談ではなく、

報告したから、すんなり辞められた。

 

 

なので、会社をうまく辞めるには、

 

 

会社を辞めることを決意してから報告!

貯金はなくてもあります!

学んだことを役立てます!

みんなが働いているこんな良い会社を辞めるなんて、私はバカなんです!

 

 

ってやることだね( `ー´)ノ