会社を辞めて英語留学!!

35歳、一部上場企業を辞めて、セブ島留学からトロント留学へ

セブでの洗濯はコインランドリーではなく、Wash’n dryにおまかせ♪

セブに来る前にすごく悩んだのが、留学中の洗濯をどうするか。

 

 

短期の留学だから洗濯機は買えないし、毎日手洗いはきついし、ホテルにクリーニングをお願いするのもお金がかかる。。

 

 

みんなどうしているか学校の先生に教えてもらったところ、

summit circle cebuの近くに洗濯してくれるところがあると教えてくれた。

 

 

コインランドリーかと思ったら、

コインランドリーではなくクリーニング店らしい(店員さんが洗ってくれる)。

 

 

洗ってくれるとなったら値段が高そう。。(・_・;)

 

洗って畳んで包んでくれる「Wash’n dry」

早速教えてもらった「Wash’n dry」というクリーニング屋に行ってみた。

f:id:dubian23:20171022193645j:plain

 

 

 

下着は出そうか迷ったけど、結局下着も含め、普段使っている服を全部持っていったよ。

 

Wash’n dryの使い方

  1. スーパーの袋、エコバック等に洗濯物を入れて、Wash’n dryに持っていく
  2. 重さを計ってもらう
  3. レギュラーか、ラッシュか聞かれるので答える。
  4. 用紙に名前を書いて、お金を払う
  5. 用紙の複写を受け取る
  6. 2日後(レギュラーの場合)、複写した用紙をもって洗濯物を取りに行く。

 

3.のレギュラーかラッシュは、急いでいない場合は「レギュラー」。

急いでいる場合は「ラッシュ」で頼んでってさ。

 

 

2日後には仕上がるから、私はいつもレギュラー。

ラッシュの場合は4時間後にできるらしい。

 

Wash’n dryの料金は

29ペソ/1kg。

f:id:dubian23:20171017174407j:plain

 

安っ!!!

 

 

 

レギュラーの場合は、単純に持っていった服の重さ×29ペソ。

服の重さが2kgなら、2kg×29=58ペソ。

 

 

今のレートなら¥130くらいかな。

 

 

すごい安いし、明朗会計だね♪

 

 

預けた服の枚数も店員さんがちゃんと数えてくれる。

お店の中様子を見てみると、何台も洗濯機が並んでいたから、洗濯機でひたすら洗うみたい。

 

 

ラッシュ(急ぎ)の場合は、59ペソ/1kgだよ♪

 

 

お金は前払いでも後払いでもOK.

前払いの場合は、レシートに支払い済みのスタンプを教えてもらうこと。 

 

仕上がりは??

出来上がったのがこれ↓

f:id:dubian23:20171022202648j:plain

 

 

きちんと畳んで袋に入れてくれてる。

 

 

袋を開けると外国の洗剤の良い香りが。

 

 

ホテルでクリーニングをお願いすると、シャツ1枚で80ペソなので、近くにWash’n dryがあったら、こっちを利用したほうが絶対お得ね('ω')ノ

 

 

Summit circle近くのwash N dryの場所は下記。

google mapで検索したらすぐに出てきた♪

f:id:dubian23:20171023185417p:plain

 

Summit Circleから歩いてすぐだけど、

周りにあまりお店がないので、夜に行くと少し暗くて怖く感じるかも。

 

 

初めて行く人はお昼に一回行った方が良いよ。

 

追記

5ヶ月間ここで洗濯をお願いしたけど、

たまに2日で仕上がらないことがあるので注意。

 

あと、ほかの人の服が混じっていたことがあるので、もしからしたら私の服も無くなっているのがあるかもしれない(>_<)

 

 

なので、大事な服は出さないほうが良い。

 

 

あと、クリスマスとか復活祭近くはお休みするので、休みはチェックしといた方が良い。