会社を辞めて英語留学!!

34歳、一部上場企業を辞めて、5か月間のセブ留学を終え、今はトロントで生活!

秋田の角館(かくのだて)で売っている、佐藤養助稲庭うどんを買った♪

みちのくの小京都と呼ばれる角館。

 

そこには昔武士が住んでいた武家屋敷が並ぶ通りがあった。

f:id:dubian23:20180619141942j:plain

 

道はとても広く、平日に行ったのもあってか、人が多くなくゆっくりと散策することができた。

 

 

敷地の中を開放しているところがあり、敷地内をゆっくり見学。

f:id:dubian23:20180619143453j:plain

 

説明資料を置いてくれているところもある、しかも無料(´▽`)

 

 

どこの家もしっかりとした門構えで、表札にお名前が書いてあるので、入って良いのかちょっとためらう(; ・`д・´)

f:id:dubian23:20180619142238j:plain

 

 

敷地はともて広く、門も家も立派で、

武士はとてもお金もちだったんだろうなぁ。

 

 

ガイドブックも何も持っていなかったので、ふらふら散策していると、

人力車のおじさんが、「松本家」がおすすめって教えてくれた♪

f:id:dubian23:20180619145602j:plain

 

しっかりとした藁葺きの屋根で、手前の屋根には石がのっていて特徴的。

 

 

家の中には作業をしている方がいらっしゃって、お土産も売っていた。

 

 

私は後で気が付いたけど、

松本の家の横には駐車場があるので、かくのだてを散策するなら、ここに車を停めるのが良いと思う。

 

秋田の名物料理と言えば、稲庭うどん

角館に有名な稲庭うどんを売っているところがあると聞いたので寄ってみた。

 

名前は「佐藤養助商店」 1860年創業の老舗。

f:id:dubian23:20180619142723j:plain

 

武家屋敷の通りにあって、建てものが立派。

 

 

中は広くて、手延べそうめんの模型もあったよ。

f:id:dubian23:20180619142442j:plain

 

今回は稲庭うどんを秋田で食べている時間が無いので、

直営店限定のうどんと、稲庭のつゆを買ったよ♪

f:id:dubian23:20180624110721j:plain

 

 あ~、早く食べてみたい!

 

 

秋田はいろいろ名物があって、「もろこし」っていうのも有名なんだって。

f:id:dubian23:20180619144619j:plain

 

「もろこし」って、とうもろこしのお菓子だと勝手に思っていたけど、

「もろこし」は、小豆で作ったお菓子のことだった(・_・;)

もろこし(諸越)は、秋田県地方で作られている銘菓であり、落雁の一種である。

小豆粉を木などで造った枠に入れ、固めたものに焼きを入れて作られる。現在では小豆粉に砂糖も一緒に混ぜることが多い。店舗や地方によっては、原料や製法を変えて作られるものもある。

 

もろこし屋さんもたくさんあって、このお店も有名だって。

f:id:dubian23:20180619144710j:plain

 

どちらのお店でも試食をさせてもらって食べてみたら、すごく上品で美味しい味だったけど、結局買わなかった。。

 

 

時間が無かったので、

足早にしか回れず見られなかったところ多かったので、またゆっくり来てみたい。

 

 

武家屋敷だけど、全部の家に入れるわけではなく、

家に因っては、開放していないところもあるので注意(>_<)