会社を辞めて英語留学!!

34歳、一部上場企業を辞めて、5か月間のセブ留学を終え、今はトロントで生活!

台湾の公用語に英語が追加されるかも?

英語が台湾の第二の公用語になるかもしれない、というニュースをみた。

www.taipeitimes.com

 

よく読んだら、

台湾をバイリンガルカントリーにするための政策目標を来年決めていく。ってことで、今の時点で決定ではないみたい。

台湾の友達に聞いてみた

台湾でも結構大きなニュースになっているかと思って友達に聞いてみたけど、

 

へーそうなんだー。

そんなの全然知らないよー。

 

 

って言われ、

なんで台湾のニュース読んでるの?って笑いながら聞かれた。。

 

 

台湾ではそんなにニュースになっていないみたい。

 

 

もし日本で、

公用語に英語追加って話が出たら、大騒ぎになりそうだけど。

英語が公用語になったらどうなるの?

そもそも英語が公用語に追加されたらどうなるんだろう?

 

 

公用語に英語追加します。と決まったら、

公的情報を発信する時には、すべての公用語で発信しないといけないみたい。

公用語(こうようご)とは、など、ある集団・共同体内の公の場において用いることを公式に規定した言語を指す。その集団が有する公的機関には義務が課され、公的情報を発信する際等には公用語を用いなければならない。「公共言語」というように間違えないよう注意。

ある国において公用語として複数の言語が定められた場合には、その全ての言語を用いて公的情報を国民へ伝えなければならない。従ってこの場合、国家(あるいは集団)の公的機関は、全ての公用語を併記し通訳して伝えることになる。これによって、指定された複数の言語のうちどれか一つの言語だけを理解する国民(や構成員)に対しても不利益を生じさせないという原則が守られる。

-wikipedia-

 

ということは、

国や県からの案内が日本語と英語表記になり、

テレビのニュースも日本語音声+英語字幕、もしくはその逆になるかな。

 

交通標識も英語表記が追加。

 

電化製品の分厚い説明書にも英語表記が追加され、タウンページみたいになる。

(タウンページは今もあるのかな?)

そうなったら、紙がもったいないから説明書は全部電子かな。

いや、(いつか分からないけど)その頃には紙の説明書なんてほとんど無いか。

 

外国人も日本に来やすくなるし、英語を使う日本人も多くなるね。

 

英語が喋れない人が多い日本でも、公用語に英語が追加されたらメリット大きそう( `ー´)ノ

英語ができる台湾人

私が今までに出会った多くの台湾人は大抵英語を話していた。

年配の人から若い人まで。

 

 

高い教育を受けた人達なのかもしれないけど、ビジネス英語も問題ない。

 

 

私の周りで英語をペラペラ話す人があんまりいないので、

台湾人がみんな話せるというのは、日本人の私からすると不思議。

 

 

台湾人は、

家では台湾語、公共の場では中国語(北京語)という環境で生活していて元々バイリンガルみたいなものだから、語学習得のコツみたいなのが自然に身についているのかな。

 

 

それか、国としては小さくて海外のとの交流必須だから、みんな必死で学ぶのかなと思ったり。

 

 

学校の教育方法が違うのかな?

日本人もみんな勉強しているけど、全然身についていない。。

 

私は中学校から大学2年生まで8年も勉強したのに、

rの発音すらまともに出来ないし。。

 

www.dubiansi.tokyo

 

 

もし台湾の公用語に英語が増えたら、

子どもを留学させる先を台湾にするのは良いかもね。

 

 

中国語も英語も習得できて、シンガポールよりは日本に近いし物価も安いし。

 

 

そんなことを言っていたら、台湾の小籠包が食べたくなってきた( `ー´)ノ