会社を辞めて英語留学!!

34歳、一部上場企業を辞めて、5か月間のセブ留学を終え、今はトロントで生活!

北米のパリ?モントリオールの観光スポットをまわる。

北米のパリと言われているモントリオール

 

 

トロントとの街並みとは全然違う。

(パリには行ったことが無いので、パリっぽいのかどうかはわからない。)

 

f:id:dubian23:20181014094800j:plain

 

景色が綺麗な観光スポット

モントリオールではどこを写真に撮っても綺麗だったけど、観光スポットの近くがやっぱり特に綺麗だったな。

 

ノートルダム聖堂周辺

f:id:dubian23:20181013183336j:plain

 

ノートルダム聖堂は間近でみると圧巻。

 

 

中はもっとすごかった(有料)。

f:id:dubian23:20181023073853j:plain

 

とてもきらびやかで、私が見た中では一番ゴージャスな教会。

 

f:id:dubian23:20181023073915j:plain

 

教会の後ろ側には大きなパイプオルガンがあった。

たまたま無料のガイドの時間に重なったので、ガイドさんの説明も聞けたよ。

 

 

ここではコンサートもやるらしいんだけど、

とても雰囲気のあるところだから、ここでのコンサート観たかったな。

 

 

この辺りはどこを歩いても画になる。

f:id:dubian23:20181014112416j:plain

 

 

ただ、カナダは路上駐車が普通なので、

いたるところに車があるのがちょっと残念!

 

 

あと、ずっとなにか臭うな~と思ったら、観光用の馬車が。

f:id:dubian23:20181014094931j:plain

 

よく見たら、道路に馬のうんちがけっこう落ちてた...(*´▽`*)

 

モンロワイヤル公園

高台にある公園で、モントリオールを一望できる。

f:id:dubian23:20181014140630j:plain

 

市内から近く標高も高くないので歩いて行ったんだけど、

想像以上に公園が大きく、ダウンを着ていたせいもあって、気温3度なのに、汗をかいてしまった('ω')

 

f:id:dubian23:20181014133854j:plain

 

汗はかいたけど、道中はとても気持ちが良かった。

ちょうど紅葉が始まりつつあり、ランニングを楽しんでいる人も。

 

 

サンドイッチを持ってピクニックするにはぴったり♪

f:id:dubian23:20181014135429j:plain

 

公園とは言っても、頂上に大きな施設があって、トイレもあるので安心♪

f:id:dubian23:20181014141000j:plain

 

 

街まで近いので、夜景も綺麗なんだって。

f:id:dubian23:20181014140658j:plain

 

聖ジョセフ礼拝堂

ここは市内からは少し離れるけど、歩いて行った。

f:id:dubian23:20181014150615j:plain

 

ここは全館無料で、↓の中でパイプオルガンの生演奏も聞けた。

f:id:dubian23:20181023081259j:plain

 

 

ここからの眺めも良い♪

f:id:dubian23:20181014153902j:plain

 

バスに乗る前は小銭を用意しよう

モンロワイヤル公園の後に聖ジョセフ礼拝堂まで歩いてさすがに疲れたのでバスに乗ることに(この日は3万歩くらい歩いた)。

 

 

バスに乗る時に小銭を持っていないことに気づいた。

 

 

トロントでは交通機関は定期を使うし、

買い物は八百屋以外はデビットカードで支払うのでほとんど現金を使わない。

特に小銭は極力持たない。

 

 

料金は3.25ドルだったんだけど、

小銭が無いので5ドル札で払おうとしたら運転手さんに、小銭じゃないと受け付けないと言われた。

 

お札しか持っていない旨を伝え、

それが使えなかったらバスを降りるしかないかなと思っていたら、運転手さんが乗って良いよと言ってくれた。

 

 

5ドル渡そうとしたら、料金は要らないって。

 

 

ん??

 

 

私の聞き間違いかと思って、もう一回確認したら乗って良いと。

しかもお金は要らないと。

 

 

え!!

 

 

すごい。

私が今まで行ってきた海外では考えられない。

 

 

バスに乗れたとしても、

お釣りないけど5ドルでも乗る?と言われると想像してたからびっくり。

 

 

海外で、無料で乗って良いよってそんなことある?

と、狐につままれたような感覚でバスに乗ってホテルに帰った。

 

 

バンクーバーのイメージがさらにUPした( `ー´)ノ