会社を辞めて英語留学!!

35歳、一部上場企業を辞めて、セブ島留学からトロント留学へ

列車で国境越え!ベネチアからミュンヘン列車6時間半の旅。

ベネチアの旅もあっという間に終わり。

 

 

次の目的地はドイツのミュンヘン

 

 

ベネチアからミュンヘンは6時間半の長旅で、初の列車で国境越え。

 

 

ミュンヘンに着いたら美味しいごはん食べたいな♪

DB1等席は6時間半の旅で80ユーロ

イタリア内の移動はイタロだったけど、今回乗るのはDB(ドイツ鉄道)。

今回も事前にDBのホームページで予約したよ。

 

 

6時間半の長旅だったので、今回は1等席にしてみた。

早めに切符を予約したら、1等席と2等席の価格差があんまりないのでお得に買えたよ♪

 

 

私が予約したときは1等席で、80ユーロ(約1万円)。

6時間半も新幹線乗って1万円だと思ったらすごい安いね( `ー´)ノ

 

 

切符を探している時に、1等席より更に良い座席でビジネスクラスっていうのがあったけど、値段がすごく高かったので断念。

 

 

ベネチア駅のホームは簡素なちょっと殺伐とした印象。

地面はやっぱり石畳(; ・`д・´)

f:id:dubian23:20190129134214j:plain

 

 

DBは時間通りに到着し、時間通りに出発したよ。

イタロには2回乗ったけど2回とも遅延。

 

 

1等車両の席は横に2列+1列シート。

f:id:dubian23:20190129135014j:plain

 

テーブルがある席がよくおすすめされているけど、

テーブルがそれほど大きくないので、向かいに知らない人が座ったら若干気まずいので、お話好きな人以外はテーブル席じゃない方が良いかな。

f:id:dubian23:20190129135002j:plain

 

 

この列車は長距離列車なので食堂車両も。

 

 

食堂車両は、席がきまっていないので、食事をすれば誰でも座って良いし、どれだけ居ても良いんだって。

f:id:dubian23:20190129144616j:plain

 

とても綺麗なので、2等席を取って、ここでゆっくり食事を楽しんでも良いね( `ー´)ノ

 

 

1等席は、スタッフの方が食事や飲み物を席まで運んでくれるので、席にメニューが置いてあった(1等席の人が食堂車両で食べてもOK)。

f:id:dubian23:20190129135600j:plain

 

私はベネチア駅でとても美味しいイタリアンを食べたので、何も頼まず。

www.dubiansi.tokyo

 

テーブル席以外の人は、新幹線みたいに簡易テーブルがそれぞれついている。

 

 

何も食べないけど、テーブルを開けてみると、見慣れない細い鉄の棒が。

f:id:dubian23:20190129144014j:plain

 

何だろうと考えてたら、使い道を思いついた。

 

 

そうだ!

ビール置きだ!

f:id:dubian23:20190129143929j:plain

 

ということで、ビールを注文。

 

これ以上にないくらいビールとグラスがぴったりはまった。

 

 

6時間半の旅だし、車内wifiは全然使えないので、呑むしかないね( `ー´)ノ

 

 

ベネチアを出た瞬間は海も見えて楽しい景色だったけど、

f:id:dubian23:20190129135459j:plain

 

しばらくすると延々と田舎。

f:id:dubian23:20190129144623j:plain

 

ユーロでの国境越えは簡単

今回楽しみ且つちょっと不安だったのが、初めて列車で国境越えをすること。

 

 

ベネチアからミュンヘンに行くには、

もちろんイタリア→ドイツの国境越えもあるけど、間にオーストリアがあるので、イタリヤ→オーストリア→ドイツとなり、6時間半の間に2回国境を越える。

 

 

ユーロ内の陸移動は国境を越える際何もいらないと聞いていたけど、どんな感じなんだろうとワクワクしていた。

 

 

楽しみにしていたんだけど、、

 

 

うかつにもビールのお陰でぐっすり寝てしまい、いつの間にかオーストリアに入っていた( ゚Д゚)

f:id:dubian23:20190422093904p:plain

 

イタリア→オーストリアの国境越えは寝ながら渡ってしまったけど、

オーストラリア→ドイツの国境越えは見届けてやると思い、しっかり起きていた。

 

 

けど、特に何も起こらず。。。

 

 

音楽も車内アナウンスも何もなく、気が付いたらドイツに入っていた笑

 

 

あっけない(; ・`д・´)

まるで、日本で県境を越えるときみたい。

 

 

6時間半はとても長いと思ったけど、

ビールのお陰であっという間にミュンヘンに着いたよ。

f:id:dubian23:20190129203102j:plain

 

 

イタロもそうだったけど、

DBの列車も荷物を盗られそうとかスーツケースを見張ってないといけないって言う感じはなく、快適だったよ♪

 

ミュンヘン駅からすぐ近く、キングズ ホテル センター

ミュンヘンについていろいろ調べていくと、

ミュンヘン駅の近くは治安が悪く、あまり泊まらないほうが良いと書いてあるのを多く見かけた。

でも、最近は治安が良くなってホテルが増えてきている、との情報も。

 

 

今回ミュンヘン駅に着いたが20:30頃で、それから乗り換えて違う駅に行くのも大変だったので、ミュンヘン駅の近くのホテルに泊まってみることに。

 

 

今回泊ったのは、キングズホテルセンター。

 

 

ドイツは物価が高いし、駅近だからそんなに期待していなかったけど結構良いホテルだった♪

 

 

部屋はこんな感じ。

f:id:dubian23:20190129204643j:plain

 

ベッドの上のゴージャスな天板を除けば簡素でスタイリッシュな感じ。

天板の横についている棒が、洗濯物を干すのにちょうど良かった♪

 

 

そして、駅近にもかかわらず、ソファーがあって部屋は結構広いしフルーツサービスもあった。

f:id:dubian23:20190129204647j:plain

 

ロビーにもスタッフの方がいるし、駅にも観光地にも近いのでなかなか良い。

 

 

これで私が泊まった時は、1部屋1泊1万円弱(朝食なし)。

安い( `ー´)ノ 

 

 

心配していたミュンヘン駅周辺の治安は、

ミュンヘン駅の真向かいの工事中のビルの下の暗がりにテンション高い若者がたくさん集まっていた以外は、

道は明るいし他にもホテルがたくさんあり、夜でも観光客が多いので、怖いことは無かったよ。

 

 

ミュンヘンは高いホテルが多かったけど、

ここはリーズナブルで駅近なので、けっこう良かった。

 

 

さっそくソーセージ食べようっと( `ー´)ノ

 

 

⇒キングズ ホテル センターの価格をチェック