会社を辞めて英語留学!!

35歳、一部上場企業を辞めて、セブ島留学からトロント留学へ

横向きに生えた半埋没親知らず、、、抜くか抜くまいか

先日通い始めた歯医者さんで、

「横向きに生えているあなたの親知らずは、生きているうちに抜くことになるし、早めに抜いた方が良い。」

と言われたので抜くことを検討していた。

www.dubiansi.tokyo

 

ネットで調べて見ると、

「早く抜いた方が良い」という情報が多いけど、それと同じくらい「抜くのが過酷だった」と書いてあってゲンナリ(-_-)

 

 

「決心したら教えてください」とは言われていたものの、自分で決心するのは難しいので、

次に歯医者さんから「親知らずどうします?」って聞かれたら抜歯することにようと、すこしゆるい感じで決心。

 

 

40歳までには抜いた方が良いと言われていたので、当分聞かれないかもしれないしね(゚∀゚)

虫歯の治療はあっという間に終わる

虫歯は1か所だけだったので、初回の治療は虫歯を削って型を取って終わり。

翌週、型通りに作ってもらった銀歯を埋めて終了。

 

 

「治療もっと長引け!」と思っていたけど、期待とは裏腹にあっという間に治療が完了(本来とても良いことなのに)。

 

 

良い歯医者さんだから治療時間もそれぞれ10分くらいだし、ほとんど痛くもなく治療してもらえた( `ー´)ノ

 

 

そして、虫歯の治療が完了したので、治療はこれで一旦終わり。

 

 

 

先生が、

「今回の治療はこれで終わりです。次回は4か月後検診にしてきてください。」

とのこと。

 

 

あ、親知らずの件は聞かれなかった!と思い、そそくさと診察室を出ようと思った時に先生が、

「そういえば、親知らずはどうしますか?」

 

 

ガーン、やっぱり聞かれた(*´Д`)

 

 

先生に聞かれたら抜こうと決心していたものの、悪あがきで質問。

「やっぱり早く抜いた方が良いですよね?抜かないとあとで大変なんですよね?」

 

 

先生が、

「親知らずが虫歯になったり歯茎がはれた場合、仕事が手に付かないくらい痛くなりますよ。あたなの場合、抜歯の難易度が高いのでどんなに痛くてもすぐには抜けないので、手術を待つ間痛みに耐えないといけないので、かなりしんどいですよ。」

 

 

私の場合難易度が高い、、、(>_<)

いろいろ、大変そうだけど決心して、先生に抜歯する旨を伝えた。

 

 

すると先生は、

「分かりました。では紹介状書いちゃいますけど、良いんですね?」

 

 

え?最後の「良いんですね?」は何ですか?と不安になりながらも、

「お願いします。」と伝えた。

 

 

そして先生は、総合病院の先生宛に紹介状を書いてくれた。

1か月後の予約か、予約なしでひたすら待つか。

私は入院したこともないし、手術もしたことない。

歯も抜いたことが無いので、紹介状も総合病院も初めて。

 

 

総合病院は待ち時間が長いイメージだし、テレビで見る総合病院はこわいイメージあるしで憂鬱。

 

 

とりあえず予約の電話をしてみると、

「初診の場合予約なら1か月以降で、もし紹介状を持っていて予約なしなら直接病院の窓口に行って、順番待ちをすればいつでもOK。ただし、かなり待つことになる」とのこと。

 

 

予約が1か月待ちって、超人気のレストラン並みじゃん(>_<)

 

 

1か月も待っていたら決心が揺らぎそうだったので、予約なしで直接病院を訪ねることにした。

 

 

あー、こわい。