会社を辞めて英語留学!!

35歳、一部上場企業を辞めて、セブ島留学からトロント留学へ

横向きの親知らずを抜く(手術前)

親知らずを抜くために総合病院に行って約1か月。

 

 

初めての検診後、3回総合病院に通って手術に向けて準備を整えてきたよ。

 

 

横向きの親知らずは、

抜きたいと思ってもすぐ抜けるもんじゃないみたい。

 

検診1回目

 検診1回目は、紹介状を持って行った。

 

 

簡単なカウンセリングと、手術のおおまかな流れを教えてもらったよ。

www.dubiansi.tokyo

 

検診2回目

1回目の検診の時に確認した手術内容、日程、同行人に問題ないかの確認。

 

 

1回目の時は予約なしだったから順番待ちの時間が長かったけど、今回は予約していたので検診はほぼ時間通り。

 

 

ただ、会計、精算でそれぞれ並ぶので、トータル1時間くらいはかかったかな。

 

検診3回目

採血と心電図を受けた。

 

 

外科手術の様な感じになるらしく、採血と心電図に問題ないか確認するんだって。

 

 

問題があったら手術できないってさ。

検診4回目

検診3回目で受けた採血、心電図の結果確認。

 

 

私は特に問題が無かったので、予定どおり手術を受けることに。

 

 

手術前の検診は今回で最後なので、手術の最終確認も。

 

 

前回は口頭で聞いた手術方法だけど、今回は図で説明してもらったよ。

 

 

図で説明してらったら、恐怖感がかなり増したよ(; ・`д・´)

f:id:dubian23:20191207095229j:plain

 

図では簡単な感じで表現されているけど、

歯を半分に切断したあと、根っこから歯を抜くのは力ずくなのかな・・・( ゚Д゚)

 

不安な点

手術中

・手術中口を大きく開けてられるか

私は口を大きく開けることが苦手で、大きく開けていると顎が疲れてすぐ辛くなる。

 

普通の歯医者でも顎が痛くて限界なのに、今回の手術は約1時間らしい。しかも奥歯だから口をかなり大きく開けていないといけないけど、私にできるのか??

 

 

先生に相談したところ、手術中は口を開けるのを補助する器具を口の中に入れるし、

今回は静脈鎮静法を使っているからそんなにつらくないと思う。とのこと。

 

 

とは言え、心配。。

 

手術後

・ドライソケット

抜歯したあとの空洞には血餅という、血液がゼリー状に固まったものができるらしいんだけど、

傷口を触ったり、強くうがいをしたりするとその血餅が取れ中の骨が露出し、激痛を感じるんだって(-_-)

 

 

うがいはなんとか注意できそうだけど、気になって舌で傷口触っちゃいそう。。

 

・神経麻痺

下側の親知らずの手術の場合、まれに唇や舌に麻痺や感覚異常が生じるとのこと。

 

 

もし発生しても自然に治っていくそうなんだけど、完全に治るまでの期間がやたら長い。。

 

 

なんと、

完治までに数か月~2年かかるんだって。。

 

 

2年って( ゚Д゚)

 

 

1か月前にこれを聞いていたら、抜くのをやめていたかもしれない。。 

では、手術同意書にサインを

手術の流れを説明してもらい、

ドライソケットや神経麻痺の注意点を聞き、しめくくりに先生が、

 

 

「では、同意書にサインをお願いします。」と、一言。

 

 

「こんな怖い手術の話を聞いて、神経麻痺の可能性まで聞いたすぐに、同意書にサインできるかー!」

ってこころの中で叫びながら、震える手でサインを。。

 

 

サインを書かないと手術が出来ないからね。。

 

 

 

サインを書き終えたら、最後の注意。

 

 

手術の日に高熱だったり、歯茎が腫れていると手術が出来ない可能性があるので、体調管理に十分注意を、とのこと。

 

 

私も、

「先生も当日は万全な体調で来てください!」と思いながら最後の検診を終えた。

 

 

 

あー、憂鬱すぎる。。 

 

 

インフルエンザが流行ってきているので、人が多いところに行かないようにしよう。